建ぺい率について沼津市からお届けします。

query_builder 2021/09/05
ブログ

土地面積の何%を使えるかが建ぺい率


建ぺい率というのは、簡単にいうと「その土地のどれほどを建物用に使えるか」を定めたものになります。例えば、広さ100m²の土地で、建ぺい率50%となると、100m²の50%=50m²を使って建物を建設できることになります。

 

110m²で60%ならば66m²まで。もし、建ぺい率100%というような土地があれば、110m²の土地をめいっぱい使って110㎡まで建物を建設できます。

 

駅周辺の「商業地域」では、このように「建ぺい率100%」という場所があります。さらに、商業地域では「隣の家にかかる日陰」に関する規制がないなどの理由により、建物と建物がぴったりくっつくように建設しても違法ではありません。

 

建ぺい率が大きければ大きいほど、建物用に活用できる面積が広くなり、「土地の利用価値が高い」とされます。逆に、建ぺい率が小さくなると、利用価値も下がりますが、一戸建て住宅地では、「そのほうがゆったりとし、隣家とはなれて暮らしやすい」という評価も生まれます。

 

一戸建て中心の住宅地では「建ぺい率50%」というところが多くなり(〇〇台・〇〇ヶ丘などの地名には特に多く見られます)、それでもよいと考えられます。


次回は容積率についてご説明します。



#沼津市 建売 #三島市 建売 #裾野市 建売 #御殿場市 建売 #清水町 建売 #長泉町 建売 #函南町 建売 #伊豆の国市 建売 #沼津市 住宅ローン #三島市 住宅ローン #裾野市 住宅ローン #御殿場市 住宅ローン #清水町 住宅ローン #長泉町 住宅ローン #函南町 住宅ローン #伊豆の国市 住宅ローン

NEW

  • 建ぺい率が高い方が良い?低い方が良い?沼津市からお届けします。

    query_builder 2021/09/26
  • 容積率について沼津市からお届けします。

    query_builder 2021/09/11
  • 建ぺい率について沼津市からお届けします。

    query_builder 2021/09/05
  • (建築条件付き土地)と(条件なしの土地)の販売価格を沼津市からお届けします

    query_builder 2021/08/15
  • 建売住宅とは・・・建売住宅のメリットを沼津市からお届けします(建築条件付き土地についてご説明します)

    query_builder 2021/07/22

CATEGORY

ARCHIVE